大阪から熊本に移住した時の引っ越し費用っていくらかかるの?

どうも、なっかんです。

おはようございます、こんにちは、こんばんはです。

安定の挨拶から今回もはじまりました!

おかげさまでTwitterのフォロワーさんが、めちゃめちゃ増えております。

この場も借りて本当にありがとうございます。

ぜひフォローしたろって思った人がいたらポチッと(@nakkan66)フォローしてくださいな!

大阪から熊本に移住するにあたってどのくらいの費用がかかったのかを今回は書いていきます!

大阪から熊本までの引っ越し費用!

これが一番気になりますよね。

費用の見積もりを出してもらった紙を紛失してしまい、正確な金額が出せないのですがだいたいこれくらいかかるって言う目安にはなると思います!

引っ越しの費用は、距離も関係してきて、もちろん人件費もかかって来ますし、トラックの大きさなどでも費用がまた違ってきます!

なっかん家の引っ越し費用は、トラックが4トンでした。

大阪の家はマンションで、道路が狭くて2トンのトラックで荷物を積み込み、4トンのトラックに積み替えてました。

同居になるので必要最低限の家具しか持っていかなかったんですが、それでも4トンのトラックが必要でした!

ダンボールは、引っ越し業者からもらえるので安心してください。

自分達で荷造りする安いプランを選んだので、荷造りはめっちゃ大変でした。

車も陸送してもらったので陸送費・その他全部込みで43万円でした。

ドライバーが一人、大阪から熊本までフェリーで輸送するということでした!

これが高いか安いか言われるとわかりません。

もっと安く済ませる方法があったのかも知れませんが、いろいろとあったのでとりあえず大手に頼みました。

引っ越し以外にかかった費用!

車の陸送費がかかってます。

陸送費が6万円くらいかかってます。

家まで取りに来てくれて、引っ越し先の家まで持って来てくれるサービスだったので、陸送で持ってきてもらうことにしました。

陸送やから家までどうやって取りに来るんやろって思ってたら、人が家まできて自分の車を運転して拠点まで持って行くと言うことやったのでちょっとビックリでした!

大阪の拠点から熊本の拠点まで、陸送のトラックでフェリーを使って来るみたいなので、1週間くらい期間がかかってました。

拠点まで使ったガソリンはちゃんといれてくれるとのことでした!

実際にはちょっと多めにガソリン入ってました!

自分で運転して行けば費用は、フェリ代もしくは高速代とガソリンぐらいで、安く済ませることができたかも知れませんが、時間をお金で買うことにしました。

車で行くにしても慣れないことをして、事故を起こしてしまったら最悪ですからね。

それ以外には、廃棄処分やエアコンの取り外し、取り付けなどの費用もかかります。

引っ越しの作業員へのお心付けは必要?

基本的には、渡さなくてもいいみたいです。

でも自分が引っ越しをした時期は、真夏だったので汗だくで作業してる人を見たら渡さずにはいれませんでした!

それに冷たいお茶や水なども差し入れさせてもらいました。

いくら渡したのか気になりますよね???

作業員一人に1000円渡しました。

作業終了後に渡したのですが、後から調べたら作業始まる前に一人、一人に渡すといいみたいです。

作業前に渡すと作業員のモチベーションも上がり、頑張ってもらえますからね。

もっと調べとくべきやった!!!

これから引っ越しを考えてる方で、心付けしようと思ってる方は、ぜひ作業前に渡して上げてください。

お金に余裕があれば渡せばいいので、その辺はあまり気にしなくてもいいみたいです。

まとめ。

引っ越しは大変ですので引っ越すまでの期間は余裕を持ってくださいね。

わからないことはなんでも質問するべきです。

自分も何度も連絡取りましたけど、嫌な顔せずに対応してくださったので良かったです。

値引き交渉は忘れずにしてくださいね。

案外、値引きしてくれることもありますので。

本格的に引っ越しをしたのが初めてだったので、こんなに大変なんやって知れて良かったです。

引っ越しさえも楽しく思えました。

次回、引っ越しするときは全部やってもらえるパックにするかもです!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です